スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<掘り出しニュース>岩国市沖で白いナマコを捕獲(毎日新聞)

 ◇「縁起物、水族館に寄贈したい」

【関連記事】ガラパゴスではナマコの乱獲が問題に

 【山口】岩国市沖で、珍しい白いナマコが取れた。

 捕まえたのは同市今津町の漁業、松浦栄一郎さん(39)。27日午後、同市沖約50メートルの瀬戸内海で素潜りでナマコ漁をしているときに、水深約10メートルの岩場で見つけて捕獲した。白いナマコは体長約14センチで、重さは約200グラム。通常の赤や青、黒のマナマコといっしょにいたことから、突然変異で色素が欠乏したアルビノ(白色個体)のナマコらしい。

 松浦さんは「海の底でもくっきり分かる白だった。子どものころから30年近く、漁に出ているが、こんなに白いナマコは初めて」とびっくり。鮮魚店も経営している松浦さんだが「岩国の天然記念物・シロヘビと同様、商売繁盛の縁起物に違いない。売るなんて、恐れ多い。水族館に寄贈して末永く飼育してほしい」と市漁協を通じて受け入れ先を探している。【大山典男】

〔山口東版〕

【関連ニュース】
【写真特集】海や水辺に生きる生き物たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】調査捕鯨:調査船と抗議船が衝突
【写真特集】サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ

春闘 労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
認可保育所の定員25万人増…子育てビジョン(読売新聞)
小沢氏のタンス預金「あり得ない」(産経新聞)
<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)
<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
スポンサーサイト

<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)

 病院が適切な治療を怠ったため長男(当時3歳)が手術後に低酸素脳症になり5年後に死亡したとして、三重県松阪市の父親(36)らが、三重大医学部付属病院を当時運営していた国を相手取り、長男が生きていれば稼いだであろう収入や慰謝料計約1億2600万円を支払うよう求めた訴訟の判決が28日、津地裁であった。堀内照美裁判長は、約6000万円を支払うよう国に命じた。

 堀内裁判長は「医師の注意義務違反による酸素供給の低下が低酸素脳症を招いた」と指摘。その後遺症による肺炎を併発し5年後に死亡したことについての因果関係も認めた。

 長男は1997年3月、同病院で、大動脈が食道や気管を取り囲んで圧迫する疾患「血管輪」と診断され、99年9月に手術を受けた。術後、脳に障害が残る低酸素脳症に陥り、四肢が動かない寝たきりの状態になった。2004年5月には肺炎を併発し、死亡した。

 父親らは、手術で人工呼吸器を気管に入れるのに手間取ったため低酸素血症になり、さらに採血したことで脳への酸素運搬能力を低下させたと病院側の過失を主張していた。

 国側は「医師の医療行為に過失はなかった」と反論していた。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
中日応援禁止:球場締め出しは無効 名古屋地裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ--最高裁差し戻し

小沢氏会見 会場で配布された資料「経緯の説明」全文(産経新聞)
雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
大阪の替え玉殺人、中国籍の女に無期判決(読売新聞)
後鳥羽上皇造営の水無瀬離宮跡か 大阪・広瀬遺跡(産経新聞)

小沢氏、国会で党務こなす(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日午前、国会に2日ぶりに姿を見せた。党幹事長室に1時間あまり滞在し、企業・団体献金禁止に向けた政治資金制度改革について、担当の海江田万里選対委員長代理から報告を受け、日本歯科医師連盟の関係者とも面会するなど幹事長としての業務をこなした。午後には東京を離れ、夜に那覇市で開かれる同党参院議員のパーティーに出席する。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
ハイチ大地震 自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)

<鳩山首相>「石川議員が起訴されないことを望む」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日、官邸で記者団に対し、政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員に関し「起訴されないことを望みたい」と語った。検察も含む行政トップの首相が、検察が判断権を持つ起訴の適否に言及するのは極めて異例で、新たな批判を招きそうだ。

 首相は記者団から、党として石川議員へ除籍などの処分をするかを問われ、「起訴された仮定の話で、あまり答える必要はないかもしれないが、起訴されないことを望みたいが、どういう状況になるかをもって判断したい」と述べた。

 これに先立ち首相は、衆院予算委員会で自民党の谷垣禎一総裁に「指揮権発動を意識しているか」と問われ、「そのような思いはまったくない」と答えていた。

 23日に行われる見通しの東京地検特捜部による小沢一郎氏への任意の事情聴取に関し、首相は「幹事長が自分の潔白を証明したいという強い意志で聴取に応じると思っている。そこですべてが明らかになると強く願っている」と語った。【小山由宇】

【関連ニュース】
衆院予算委:首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発
普天間移設:鳩山首相、改めて5月中の決着を強調
鳩山首相:23日、地方視察へ 原則、毎週末実施
鳩山首相:小沢幹事長自身での潔白証明に期待
鳩山首相:「熱っぽい行動控えるべきだ」 党内検察批判に

東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)
足利事件再審 菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)
野党「異常事態だ」…議員辞職勧告も(読売新聞)

関西元気文化圏賞の大賞に「水都大阪2009」(産経新聞)

 経済界などでつくる実行委が主催する「関西元気文化圏賞」の贈呈式が18日、大阪市内で行われ、昨年夏に同市中之島を中心に実施された「水都大阪2009」が大賞に選ばれた。

 関西元気文化圏賞は、関西から日本を明るく元気にした個人・団体を表彰しており、今年で7回目。

 特別賞には興福寺「国宝阿修羅像」が選ばれたほか、ニューパワー賞には、サントリーホールディングス植物科学研究所(大阪市)▽NPO法人「KOBE鉄人PROJECT」(神戸市)▽阪神なんば線(阪神電気鉄道、大阪市)▽三重県立相可高校食物調理科が選ばれた。

陸山会土地資金、小沢氏の妻子名義口座から(読売新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ(産経新聞)
谷垣総裁側近の2人がベテラン議員処遇で対立 (産経新聞)
くまキャラ 心に癒やし グッズ売り上げ好調…寂しい世相反映?(産経新聞)

原子力機構に改善要請=受注企業へのOB再就職-文科省(時事通信)

 独立行政法人日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)のOBらが、機構発注の業務を請け負う企業グループから利益提供を受けていた問題で、文部科学省は20日、改善方策を講じるよう機構に文書で要請した。
 同省はこの中で、「顧問などの名目で、条件が不明確な報酬が企業側から支払われている」などと指摘。職員の再就職や業務発注のあり方を見直すよう求めた。 

【関連ニュース】
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成
柏崎原発7号機で営業運転再開=新潟県中越沖地震で被災後初
赤紫の香りシクラメンを開発=埼玉県など〔地域〕
柏崎原発6号機、表示装置に不具合=営業運転再開、年明け以降か

<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
将棋 初日から激戦に突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)
最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
無登録で未公開株販売=不正1億7千万円か-投資会社元会長ら3人逮捕・愛知県警(時事通信)

石川容疑者、陸山会の実務一手に担う(読売新聞)

 逮捕された石川容疑者は、問題となった2004年10月の土地取引の際、陸山会の事務担当者として、不動産会社との契約や、銀行での手続きなどの実務を一手に担っていた。

 大学在学中の1996年2月、小沢氏の私設秘書となり、05年7月まで秘書を務めた。同年9月の衆院選に立候補して落選したが、民主党議員の辞職に伴い、07年3月に比例北海道で繰り上げ当選。昨年8月の衆院選では、自民党の中川昭一元財務・金融相らを破って2期目の当選を果たした。

 石川容疑者は自らのホームページで、「在学中より書生として小沢代議士の自宅に住み込み、車洗い、庭掃除などしながら大学に通う」と経歴を紹介している。その後、陸山会の会計事務を担当するようになり、00~04年分の収支報告では事務担当者となっていた。土地取引にかかわった関係者によると、最初は小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)が交渉役だったが、途中から石川容疑者に交代したという。

 昨年暮れから特捜部の任意の事情聴取を受け、今月13日には、東京・永田町の自身の衆院第1議員会館の事務所も捜索されていた。

当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付-警視庁(時事通信)
<雑記帳>ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
小沢氏23日聴取へ、「4億円」説明求める(読売新聞)
<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)

衆院代表質問、19日で合意(産経新聞)

 衆院議院運営委員会は15日の理事会で、平成21年度第2次補正予算案に関する菅直人副総理・財務相の財政演説に対する代表質問を19日の本会議で行うことを決めた。これにより、参院本会議での代表質問は20日に行われる見通しになった。また、与党側は、内閣法制局長官らの答弁を制限する国会法改正案を議論する議会制度協議会の早期開催も提案したが、野党側は態度を保留した。

近ツー元社員に逮捕状=旅行積み立て7億円詐取容疑-大阪地検(時事通信)
【剛腕の威光】(4)小沢氏側近逮捕 「天の声」期待(産経新聞)
「裏献金」翌営業日に入金=同額を小沢氏団体口座へ-石川容疑者、土地購入に使用(時事通信)
NHKのエスカレーターで転倒、中学生8人軽傷(読売新聞)
元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)

指定市町村、約50増加へ=過疎法延長案で大筋合意-与野党(時事通信)

 2009年度末で期限が切れる過疎地域自立促進特別措置法(議員立法)を延長する改正案について、与野党各会派の協議会が14日開かれ、延長期間を除き大筋で合意した。現在の過疎地域に加え、1960年から2005年までの人口減少率が33%以上などの人口要件と、自治体財政の豊かさを示す「財政力指数」が06~08年度の平均で0.56以下などの財政力要件の両方を満たす市町村を追加指定する。過疎市町村は現行の726団体から50程度増える見通しだ。
 与野党は延長期間についても合意の上、18日召集の通常国会に改正案を提出する方針。 

<オーストリア大宮殿展>入場者が20万人突破(毎日新聞)
俳優の柳楽優弥さん結婚(時事通信)
<TBS報道番組>取材対象の郵便、通信社の記者が無断開封(毎日新聞)
<訃報>ミッキー安川さん76歳=タレント(毎日新聞)
逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)

<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)

 JR東日本は15日、日本海側の大雪のため、同日と16日の夜行列車計12本を運休すると発表した。運休する列車は以下の通り。

 15日下り列車=特急トワイライトエクスプレス(大阪駅午後0時3分発)▽特急あけぼの(上野駅午後9時15分発)▽特急日本海(大阪駅午後5時47分発)▽特急北陸(上野駅午後11時3分発)▽急行能登(上野駅午後11時33分発)▽急行きたぐに(大阪駅午後11時27分発)

 15日上り列車=特急あけぼの(青森駅午後6時8分発)▽特急日本海(青森駅午後7時33分発)▽特急北陸(金沢駅午後10時18分発)▽急行能登(金沢駅午後10時15分発)▽急行きたぐに(新潟駅午後10時55分発)

 16日上り列車=特急トワイライトエクスプレス(札幌駅午後2時5分発)

【関連ニュース】
JR東:新幹線が停電で大幅遅れ…東京駅に車両ホテル
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:特急と軽自動車が衝突し1人死亡 JR奥羽線
JR山手線:西日暮里駅で人身事故…45本に遅れ
山形・東北新幹線:一部運休、つばさ号の電気機器故障で

<日米安保改定50年>共同声明の文面調整で局長級協議(毎日新聞)
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府基本法私案を提示(産経新聞)
<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)
<盗撮>郵便局長を逮捕 電車でスカート内撮影の疑い(毎日新聞)
弁護士に逆転有罪=証人威迫の差し戻し審-広島地裁(時事通信)

不破前議長、引き続き要職に=准中央委員は大幅若返り-共産(時事通信)

 静岡県熱海市で開かれている共産党の第25回党大会で15日、新たな中央委員の候補者名簿が代議員に提示された。去就が注目された不破哲三前議長も中央委員候補に記載されており、引き続き党の要職にとどまることになった。
 党中央委員や党幹部人事は大会最終日の16日に決定する。中央委員から党幹部が選出されるため、不破氏が現在務める党幹部会委員や社会科学研究所長に留任する可能性は高い。
 15日示された中央委員候補は162人、准中央委員候補は35人。現在の准中央委員は14人で全員50歳以上だが、同候補は1人を除き30~40歳代で、大幅に若返ることになった。 

工場の高圧釜が爆発か 横浜の爆発事故で県警が実況見分(産経新聞)
政務三役の給与カット検討=議員歳費に上乗せせず-政府(時事通信)
<訃報>山田幸子さん63歳=山田正彦副農相の妻(毎日新聞)
救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」-講談社(時事通信)

欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)

 独立行政法人・都市再生機構(旧・都市基盤整備公団)が東京都八王子市で分譲した46棟のマンション群で見つかった強度不足などの大規模な欠陥を巡り、建て替えなどの工事費600億円以上のうち、同機構の最終的な負担額は、500億円を超えることが明らかになった。

 マンションの施工業者計34社が負担するのは総額でも約113億円にとどまる。施工業者の監督が不十分だった点など、同機構が発注元としての責任を認めたためだが、なぜ大規模な欠陥が生じたのか、原因は不明のままという“灰色決着”となった。

 問題のマンション群は、同機構がバブル期の1988~92年に43社に発注して建設された八王子市内の46棟計919戸。分譲から数年後には、ひび割れなどが目立ちはじめ、建設から10年目の大規模修繕を機に手抜き工事が次々に発覚、鉄筋の本数不足やコンクリートの厚さ不足などの重大な欠陥が見つかった。すでに20棟は全面的な建て替えを終え、16棟は補修が完了。残る10棟のうち2棟は07年12月、3棟は昨年10月にそれぞれ補修することで住民側と合意したが実施はこれから。協議中のマンションも5棟ある。

<公設派遣村>入所者111人が所在不明…東京都(毎日新聞)
雑記帳 道頓堀「大たこ看板」上海万博へ(毎日新聞)
スキー場 雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上(毎日新聞)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
<日米密約>報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に(毎日新聞)

「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演(産経新聞)

 阪神大震災で神戸大生だった一人息子を亡くした加藤りつこさん(61)=広島市安佐北区=が、震災から15年となる17日を前に、被災地で小学生らへの講演を相次いで行う。息子が生前、りつこさんにあてて書いた手紙は「親愛なる母上様」という曲にもなり、その曲を通じた新たな出会いが今のりつこさんの支えとなっている。「息子が残してくれた手紙をきっかけに、多くの出会いがあった」。りつこさんは講演を通じ、人は出会いによって支えられていることを震災を知らない世代にも伝える。

  [フォト] 「くの字」に崩れた貴光さんの下宿先(1995年1月17日)

 国連職員を目指していたりつこさんの長男、貴光さん=当時(21)=は、神戸大法学部2年だった平成7年1月、下宿先の兵庫県西宮市のマンションが全壊し、亡くなった。一人息子を失ったりつこさんを支えてきたのが、入学式直前の5年4月、下宿先を訪ねたりつこさんのコートに、貴光さんがそっとしのばせた手紙だった。

 《あなたが私に生命を与えてくださってから、早いものでもう20年になります。これまでに、ほんのひとときとして、あなたの優しく、温かく、大きく、そして強い愛を感じなかったことはありませんでした》

 《私はあなたから多くの羽根をいただいてきました。人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること。この20年で、私の翼には立派な羽根がそろってゆきました。そして今、私はこの翼で大空へ翔(と)び立とうとしています》

 ノート1枚に、ボールペンで記されたきちょうめんな字がびっしりと並ぶ。手紙は「あなたを母にしてくださった神様に感謝の意をこめて」と結ばれていた。「まるで遺書みたい…」。震災後、何度読み返しても涙があふれた。

 だがその手紙が、りつこさんに新たな出会いをもたらした。

 手紙に心を動かされたミュージシャン、奥野勝利さん(35)がメロディーをつけ、自身のホームページで発表。19年11月に偶然、曲の存在を知ったりつこさんは、奥野さんと交流を深めるようになった。奥野さんは貴光さんと同学年。「息子が引き合わせてくれたのかな」と、今ではその音楽活動を舞台裏で支えることが生きる糧になった。

 貴光さんを失ってから15年となる今年、りつこさんは奥野さんとともに壇上に立つ。13日午後0時10分から神戸大六甲台講堂で入場無料の追悼コンサートを、14日には宝塚市立長尾小で防災学習の一環としての講演会を行う。「人は人を傷つけもするが、人を救えるのも人。出会いを大事にしてほしい」。りつこさんはそう訴えるつもりだ。

【関連:阪神大震災から15年】
鎮魂イベントも“曲がり角”「地域団体が枯渇している感が…」
雇用創出も地元置き去り「行政は復興のターゲット見誤った」
夢の中、くずれさった台所…当たり前のことに感謝
震災経て「生かされている」…遅咲きファイター、K-1に挑む
被災者への配慮欠くと「防災のしおり」回収へ 東大阪市教委

としおのブログ
楽園をみつけよう
私は獣医、今日も休みなし
l7oy8a2nのブログ
こうじのブログ

東京・新宿の真冬の怪 排水溝から男性遺体見つかるも…「におわない」事件性(産経新聞)

【衝撃事件の核心】

 東京・新宿の高層ビル街の近くにある住宅街で、排水溝の中から身元不明の男性遺体が見つかった。目立った外傷はなく、着衣に乱れがないことなどから、警視庁は「事件性をにおわせるものは今のところない」としている。過去には福島県の村で、くみ取り式トイレの便槽の中で男性が“怪死”するケースもあり、その際は「のぞき目的」とみられていた。だが、新宿の男性が遺体で見つかった経緯は不明のままだ。男性はなぜ、排水溝に入ったのか-。謎は深まっている。

■暗闇から頭部 「人形みたいだけど」

 12月16日午前8時すぎ。清掃会社に勤務する男性作業員3人は、百人町3丁目付近の排水溝の掃除を始めた。排水溝は円筒状でフタがかぶせられ、底に近い側面から下水道につながる直径約20センチのパイプが出ている。作業員たちは手際よくフタを開け、底にたまった泥や、ゴミをバキュームで取り除いていった。

 作業から3時間以上たった午前11時半すぎ。「都営百人町3丁目第2アパート6号棟」前を通る小滝橋通りにある排水溝の清掃に取りかかったときだった。フタを開け、日が差し込んだほの暗い排水溝の中から突如、帽子をかぶった頭が姿を現した。

 「人形みたいなものが入っている」

 作業員は当初、こう感じたという。

 作業員が同僚2人ともう1度、“人形”を凝視すると…。

 それは人形ではなく、男性の遺体だった。前屈みの姿勢でうなだれており、着ていたシャツから若干、右肩がのぞいてみえていた。腐敗臭は感じなかったというが、後の捜査で腐敗が進んでいたことが判明する。

 作業員は同僚と現場から約150メートル離れた交番に駆け込んだ。排水溝の回りにはブルーシートが張られ、この日夕、遺体は引き上げられた。

 新宿署などによると、死亡していた男性は白髪交じりの頭髪で、60~70代とみられる。身長は約165センチで、直径約50センチ、深さ約120センチの円筒状の排水溝の中にすっぽりと入り、体育座りをするように座り込んだ状態で死亡していた。

 男性は毛糸の帽子、眼鏡姿で、カーキ色っぽい半袖のTシャツ、黒っぽいジーパンを着ていた。遺体が排水溝から引き上げられたとき、靴下や靴は履いていなかった。免許証など身元の特定につながるようなものも持っていなかった。

 司法解剖の結果、男性に目立った外傷はなく、死因は不明だが、水死や損傷による死亡ではないことが分かった。腐敗状況から死後1週間~2週間程度が経過していたとみられる。排水溝の清掃は年に1、2回。もしも清掃の時期がもっと後だったら、遺体発見ははるかに遅れた可能性がある。

 遺体を発見した作業員と同僚はこの日、捜査員から事情聴取を受け、こう聞かれたという。

 「自分で入り、中からフタを閉じることは可能ですか」

 作業員らはそれまでの経験から、答えを導き出した。

 「可能です」

■傷、眼鏡、小滝橋通り… 低い事件性

 「事件性を積極的に、におわすようなものが出てきていない」

 ある捜査幹部はこう説明する。

 事件だった場合に考えられる状況は、ほかの場所で殺害されたり、あるいは病死したりした男性の遺体が何者かによって排水溝の中に遺棄された-というものだ。

 だが、捜査幹部は目立った外傷がないことに加え、遺体が眼鏡や帽子を着用していたことに着目する。

 「仮に誰かに運ばれたら、途中で眼鏡などが落ちる可能性が高い」からだ。一方で靴や靴下をはいていないことについても「パイプを通じて下水道に流れ出たのかもしれない」(捜査幹部)という。

 さらに、排水溝の位置からして、遺棄現場として選ぶ可能性は低いという。小滝橋通りは新宿と高田馬場を結び、車や人の往来がひっきりなしにある上、現場となった排水溝は交番や消防署の目と鼻の先にあるからだ。そして、都営アパートの住民の目もある。

 「犯行場所としてはリスクが高すぎる」

 捜査幹部はこう話す。

 何者かがフタを開けて男性が落下した可能性についても、男性のアゴなどに外傷がないことから考えにくいという。

 こうした状況を踏まえ、警視庁新宿署は男性が何らかの原因で自らフタを開けて中に入り込み、フタを閉めた-という見方に傾いているのだ。

 でも、なぜ…。

 「寒さをしのぐためではないか」

 男性が半袖Tシャツなど薄着だったことから、そう推測する捜査関係者がいる。

 暖を取るために地下に-という例は確かにある。

 遠く離れたモンゴルの都市部では、寒さをしのぐためにマンホールの中で生活する孤児「マンホール・チルドレン」の存在が知られている。しかし、そこには温水供給パイプが通っているため、孤児たちは暖を取れるのだ。

 百人町の排水溝を管理する新宿区道路課の男性職員は「確かに排水溝の中に入れば、真冬の寒い風はしのげるかもしれませんが、底には冷たい水が張っていますよ。風をしのげたとしても、水に足をつけるほうがキツいでしょう」と話す。

 捜査関係者によると、遺体の足は水につかっていたため、ふやけていた。生きて入った場合、激烈な冷たさと闘うことになる。

 「この担当を30年やっている同僚にも聞きましたが、『こんな話は聞いたことがない』と話していました。なんで男性が中で死亡していたのか、まったく見当がつきません」

 男性職員は首をかしげた。

■くみ取り式トイレから男性遺体も “理由”はさまざま

 およそ、人が入らないと思われるような場所で遺体が見つかるというケースは過去にもあった。

 平成元年2月、福島県都路村(現田村市)。女性教員の住宅のくみ取り式トイレの便槽の中から、村の青年会に所属する20代の男性の遺体が見つかった。

 当時の報道によると、男性は上半身裸で着ていたとみられるトレーナーなどを抱え、ひざを曲げて死亡していた。

 地元警察の捜査の結果、狭いところで閉じ込められた状態で死亡していたことが判明。凍死だった。警察は事件性は低く、男性が自ら便槽のくみ取り口から入り、出られなくなったと判断した。

 状況から「のぞき」目的とみられていたようだ。

 また、警視庁の捜査幹部は「あくまでも一般論だが、痴呆(ちほう)などが原因して、狭いスペースに入り込んで死亡することはある」と説明する。

 捜査幹部によると、床下や屋根裏の奥の方で、押し込まれたような状態で死亡している遺体が見つかることがある。死体遺棄事件を視野に現場を調べるものの、死亡者以外に発見現場までの経路を通った形跡がなく、事件性はないと判断されるという。

 「新宿の男性に関する最終的な事件性の有無は、身元や死因の特定が行われなければ分からない」と捜査幹部。新宿署は付近の住民やホームレスで行方不明者がいないか聞き込み捜査を行うとともに、病理検査を実施して詳しい死因を調べている。

 師走の都会に衝撃を与えた排水溝の遺体。近くに住む男性会社員(32)は「たぶん遺体があったときも、すぐ横を通っていました。真相がはっきりしていないから、今も薄気味悪さを感じながら通っています」と漏らした。

【関連記事】
ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰
【衝撃事件の核心】個人情報は漏れている!? “思い出”悪用の卑劣手口 有名高卒業生宅狙う振り込め詐欺 
明治神宮で甘酒売りの男女か 車中で死亡…ストーブでCO中毒の疑い
第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態
壁に穴! 宝飾品3億円相当盗まれる 東京・銀座

しょういちのブログ
tomodai
自己破産
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談

2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与(時事通信)

 日本の糖尿病の95%以上を占める2型糖尿病の発症や進行に関与する新たな遺伝子を、東京女子医大や東大などの共同研究グループが突き止め、米国の遺伝学専門誌に8日発表した。特に、アジアに特徴的なやせ形の患者で強い関連がみられた。
 2型糖尿病は血糖を下げるインスリンの働きが悪くなって起きる。多くの場合、食事などの生活習慣が関係しているが、日本では欧米と異なり肥満体形でない患者も多い。
 研究グループは、2型糖尿病家系の遺伝子を解析し、非肥満型の患者に特徴的な領域を発見。患者1568人と健康な1700人でさらに詳しく調べ、「KCNJ15」という遺伝子の一部の変異が発症に関与していることを突き止めた。
 この変異型を持つ人は発症リスクが1.76倍となり、やせ形の人に限ると2.54倍とさらに高まった。また、変異型を持つ人は10年以内にインスリン分泌量が低下する頻度が高かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい
85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院
イネ開発で民間参入を後押し=品種提供や共同研究

かずやのブログ
y2hofnosのブログ
携帯ホームページ
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化

神戸・貴金属店強盗 容疑者2人を逮捕(産経新聞)

 神戸市中央区の貴金属店で昨年8月、現金約640万円などが奪われた事件で、大阪、兵庫両府県警の合同捜査本部は6日、強盗容疑で、大阪府八尾市の無職、工藤常雄被告(51)=別の窃盗罪などで公判中=と住所不定、無職の大谷亮被告(30)=同=を逮捕したと発表した。両府県では昨年春から同様の事件が相次いでおり、捜査本部は関与を調べている。

 逮捕容疑は、昨年8月19日、神戸市中央区八幡通の「日本マテリアル神戸支店」に、拳銃のようなものを持って押し入り、現金636万円と貴金属(約500万円相当)を奪ったとしている。

 工藤容疑者らは、昨年5月、神戸市長田区の資材置き場からトラックを盗んだ窃盗容疑などで、昨年8月に逮捕されていた。

 神戸市では昨年6月にも、2人組が別の宝石店で宝石類(約1500万円相当)を奪う事件が発生。昨年4月には大阪市中央区難波と神戸市中央区三宮の宝石店にトラックが突っ込み、ともに約1千万円相当の貴金属が盗まれた。

z2gbr3t6の日記ブログ管理ツール
しげふみのブログ
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化

17人晴れ着姿で笑顔…はとバスガイド成人式(読売新聞)

 東京・大田区のはとバス本社で8日、成人の日(11日)より一足早く、バスガイドの成人式が行われ、17人の新たな門出を祝った。

 成人の日は祝日で業務が忙しく、多くのバスガイドが地元の成人式に出席できないため、同社が実施した。

 華やかな晴れ着姿のバスガイドたちは、屋根がない新型2階建てバスなどで記念撮影を行った。その後、乗客気分を味わいながらバスで明治神宮に移動し、参拝した。

まさゆきのブログ
まさみのブログ
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

「坂の上の雲」執筆、露側の資料少なく苦心 司馬遼太郎の書簡発見(産経新聞)

 作家、司馬遼太郎さんが小説「坂の上の雲」を連載・執筆中の昭和44年当時、資料収集に苦労する胸中を吐露していた手紙が、見つかった。とくにロシア側の資料入手が困難だった様子が読み取れる。

 手紙は44年7月、兵庫県に住むファンの男性から参考図書をもらったことに対する返礼。男性の遺族が保管していた。

 文面は、資料提供に対する感謝の言葉とともに、「ところどころを読みますと、なかなかのものであることが相解りうれしく存じております」と報告。さらに「坂の上の雲のこと」と続け、「明治初年から三十年代というのは、資料が多いようでかんじんなものがすくなく、とくにロシア側のものを入手するのに困難で、まずまず苦心を重ねております」とつづっている。

 司馬さんは執筆に際し、フィクションを極力排除する姿勢を貫いたとされる。小説は後半、日露戦争が舞台となり、この部分に必要なロシア側の資料を必要としていた執筆当時の苦労ぶりが垣間見える。

 「坂の上の雲」は昭和43~47年、産経新聞夕刊に連載された。

【関連記事】
日商会頭「科学技術創造立国で『坂の上の雲』を」
「どこにでもある街」の“妙” 「坂の上の雲」松山
志士の面影を思い描き 「街道をゆく」山口・津和野
秋山兄弟ら愛媛ゆかりの偉人25人の遺品など展示
「坂の上の雲」観光ブーム備え、道後温泉すす払い 松山

熱海魂
Kingsley55のブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化口コミ
クレジットカード現金化 比較

<トキ>佐渡のペア2組が石川へ 分散飼育2例目(毎日新聞)

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)で飼育しているトキのペア2組の、いしかわ動物園(石川県能美市)への移送が8日午前始まった。鳥インフルエンザなどによる絶滅回避を目的に環境省が取り組む分散飼育の2例目。新潟県長岡市と島根県出雲市でも分散飼育が決まっている。

【関連写真特集】トキ:放鳥から半年…7羽、たくましく越冬 09年3月

 移送されたのは、繁殖経験のある8歳の雄と6歳の雌、繁殖経験がない5歳の雄と2歳の雌。ペアごと木箱に入れられ、午前8時過ぎに同センターを出発した。フェリーで新潟港に運ばれ、その後陸路で同日午後、新たに繁殖ケージを建設した、いしかわ動物園に到着。一般公開はされないが、来園者はライブ映像を見られる。

 見送った同センターの戸貝純夫所長は「いしかわでも繁殖の成果を期待している」。いしかわ動物園の美馬秀夫園長は「40年前、本州最後のトキ『能里(ノリ)』が(石川県穴水町で)捕獲されたのと同じ日に、トキが帰って来ることに因縁を感じる。トキの野生復帰に貢献できることは誇らしい」と話した。

 トキは佐渡で112羽を飼育中。07年から多摩動物公園(東京都日野市)での分散飼育が始まった。また、08年と09年に計29羽が佐渡で放鳥された。【磯野保】

【関連ニュース】
【関連写真】美しいトキ色の翼 毎日動物園・鳥類別館
2次放鳥トキ:本州で初確認 「1期生」と合流 09年11月
質問なるほドリ:日本生まれのトキ、中国へ返すのはなぜ?
’09記者ノート:/2 新たにトキ19羽放鳥 /新潟

k5gtaoq1のブログ
CarlosEtchisonのブログ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
2ショットチャット

「大きな成長戦略」策定=政権運営に決意-鳩山首相年頭所感(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日付で、2010年の年頭所感を発表した。首相は景気回復や雇用の確保、デフレ脱却が「国民の喫緊の願いだ」と指摘。その上で、10年度予算案の早期成立に全力を挙げる考えを示すとともに「年末に新たな成長戦略の基本方針を明らかにしたが、さらにその先の大きな成長戦略を具体的に策定し、展開していかなければならない」と述べ、経済政策を重視する考えを示した。
 首相は政権発足から3カ月経過したことに言及。「ハネムーンの期間はもう過ぎた。温かい目で見てくれとはもう申し上げない」と述べ、政権運営の決意を表明。「どうか共に考え、共に闘い、その中で厳しいご批判もいただきたい」と協力を呼び掛けた。偽装献金事件については改めて陳謝し、「政権交代への熱い期待に応えることこそが、私の責任だ。理解賜りたい」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

しげみのブログ
六本木の徒然草
パチンコ攻略
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化
プロフィール

よかいちじゃん

Author:よかいちじゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。