スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「坂の上の雲」執筆、露側の資料少なく苦心 司馬遼太郎の書簡発見(産経新聞)

 作家、司馬遼太郎さんが小説「坂の上の雲」を連載・執筆中の昭和44年当時、資料収集に苦労する胸中を吐露していた手紙が、見つかった。とくにロシア側の資料入手が困難だった様子が読み取れる。

 手紙は44年7月、兵庫県に住むファンの男性から参考図書をもらったことに対する返礼。男性の遺族が保管していた。

 文面は、資料提供に対する感謝の言葉とともに、「ところどころを読みますと、なかなかのものであることが相解りうれしく存じております」と報告。さらに「坂の上の雲のこと」と続け、「明治初年から三十年代というのは、資料が多いようでかんじんなものがすくなく、とくにロシア側のものを入手するのに困難で、まずまず苦心を重ねております」とつづっている。

 司馬さんは執筆に際し、フィクションを極力排除する姿勢を貫いたとされる。小説は後半、日露戦争が舞台となり、この部分に必要なロシア側の資料を必要としていた執筆当時の苦労ぶりが垣間見える。

 「坂の上の雲」は昭和43~47年、産経新聞夕刊に連載された。

【関連記事】
日商会頭「科学技術創造立国で『坂の上の雲』を」
「どこにでもある街」の“妙” 「坂の上の雲」松山
志士の面影を思い描き 「街道をゆく」山口・津和野
秋山兄弟ら愛媛ゆかりの偉人25人の遺品など展示
「坂の上の雲」観光ブーム備え、道後温泉すす払い 松山

熱海魂
Kingsley55のブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化口コミ
クレジットカード現金化 比較
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よかいちじゃん

Author:よかいちじゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。